読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或るツーリング記

気が向いたら投稿します。

12日目 5/19 脱出

本日も電車でアキバへGO(神)。

人身事故による遅延に巻き込まれ、乗っていた快速が運行見合わせに。

 

各駅ならすぐ出るらしいが、動くのが面倒なので待つ。

 

40分程寝ていると動き始めた。

少し眠かったから丁度いい。

 

UDXパーキングから恐怖の都内走行。

R17からR254へ抜けるまでが勝負である。

 

R254を外れ、池袋駅前をさまようが無事復帰。

 

都心から離れるにつれ、車は減り、車線も減って来る。

これだよ。

これ。

こういうのでいいんだよ。

 

R254の途中でYSP成増へ。

曲がったブレーキレバーを修正する。

「そんな大人、修正してやる!」

「これが若さか…!」

 

目的地手前のセブンで飯る。

定番のできあいの麺類とおにぎり×2。

うまい。

 

しばし、だらける。

この満たされる感じがたまらない。

 

アイスもつけて逝きますよ^〜逝く逝く。

 

かわせみ河原着。

YBC(ゆっくりブートキャンプ)なるイベントがあるんで来てみた。

過積載の祭典か、ここは。

 

色んなバイクがみれて面白い。

 

会場が砂地&砂利なんで、タイヤが暴れる!暴れる!

ライダーたすけて!

 

ペグもきかないので荷物を入れてテントを固定。

エリステ買っとけばよかった。

 

みなさんにぎやかでとても楽しそうですね。

ま、僕はぼっちなんですけどね(ソロぼっちライダー並感)。

 

使用金額

飯         ¥1099

UDX     ¥2000

電車      ¥500

レバー   ¥1080

YBC       ¥900

合計      ¥5579

 

走行距離   100km

 

11日目 5/18 東京の街

おやつアニキとともおやつ邸を出発(デッパツ) 。

 

駐車場に荷物を捨て、アキバを徘徊。

 

通りがかった野郎ラーメンにIN。

汁なし野郎&ライス。

量的に死にそうになりながら完食。

プハァ、とってもOCです。

 

駐車場に戻り、宿に予約の電話。

うん、泊まれないらしい。

 

よし!千葉行きはキャンセルだ!

今からルートを決め直していたら、着く頃には日が暮れてしまう。

特に行きたいところも無かったので、よし。

 

本日もおやつ邸に泊まることに。

 

アキバ献血ルームで時間を潰す。

 

御茶ノ水でKTRアニキに会う。

90年代ギブソンのポットはすぐ壊れるらしい。

 

19:00頃渋谷へ。

 

渋谷道頓堀劇場着。

ストリップ劇場である。

タモリ倶楽部で観てから来てみたかったんだよね。

 

入場料は¥5000とお高いが、一回くらいならいいじゃない?

 

なかなか良いものであった。

二番目に出て来た女の子がとっても可愛かったです(小並感)。

 

惡の華、おそ松、まどマギ等アニソンも流れる。

 

次回があればもっとゆっくりみたい。

 

晩飯に東小金井で家系ラーメンを食。

再び、量的に死にそうになりながら完食。

一日に二食も食べるもんじゃないね。

 

使用金額

飯            ¥1680

入場料     ¥5000

合計        ¥6680

 

走行距離   0km

 

10日目 5/17 厄日

宿の方にしつこいぐらいに見送りをして貰って出発。

 

脇見により、不運(ハードラック)と踊(ダンス)る

脇見ダメ、ゼッタイ。

 

SR君が心配だったので、最寄りのYSP沼津へ。

定休日だったのに対応して頂いた。

ありがたい。

 

SR君は無傷だった。

 

R1からMATSUDAターンパイク箱根。

サムゥイ。

うん、金払う程でもないな。

 

地図で見た限りでは、道なりに行けば再びR1と合流するはずだったのだが、何故か伊豆の方へ。

釈然としないまま、R1へ引き返す。

 

箱根の峠がキツゥイ!

そして、長い。

 

日没が迫って来たので江ノ島はパス。

 

神奈川県渋滞がひどい…、ひどくない?

 

都内に入るとそうでもなくなったが。

車線多い!

車コワイ!

 

日も暮れてきた…。

 

道を間違えたんで、Uターンしようとしたら重みに耐えられず、フルバング停車をキメる。

 

重過ぎてびくともしないので通りすがりアニキに助けてもらう。

ありがとう、通りすがりアニキ。

 

レバーちっと曲がっちゃった。

 

UDXパーキング着。

ぬわああああん!疲れたもおおおおん!

バイクでは、もう二度と東京来ねえからなぁ!

 

東小金井まで電車でGO(神)。

おやつアニキ、Woodアニキ、吉田アニキと鳥貴族で盛りあったぜ。

会うのは、2年振りか…。

 

本日はおやつアニキ邸泊。

 

使用金額

飯           ¥2200

通行料    ¥220

電車       ¥1000

合計       ¥3420

 

走行距離  150km

 

BGM     オルフェンズの涙/MISIA

 

9日目 5/16 故郷とサイレントヒル

宿を出発(デッパツ)。

 

ヤマハコミュニケーションプラザ着。

入館料ホントにタダなんすねぇ。

 

一階。

R1のライディングシミュレーターで280kmをマーク。

ひゃっほう!最高だぜえぇぇぇ!

疾風(かぜ)伝説。

 

V MAXにまたがってみる。

クラッチクッソ重たいし、思ってたより足つきが悪い。

 

二階。

歴代のバイクが展示されている。

とてもイカしている。

こういう、昔のモデルのタイヤってどうやって入手するんでしょうか。

ワンオフか?ワンオフなのか?

 

顔出しロッシなんかもあった。

 

R1で東へ。

 

道の駅掛川でQK&飯る。

出際、隣にとめていたMT-03ネキに話しかけられる。

バイク乗りの女の子と話したのは初めてかもしらん。

 

r76で富士宮市街へ。

おっふ、結構な急カーブの連続。

渋峠で鍛えたコーナリングの見せどころ。

 

ゲストハウスFace to Face着。

風呂、Wi-Fi、タオル、キッチン、洗濯機、乾燥機あり。

畳敷きの個室にオフトゥン( ˘ω˘ )まである。

充実のラインナップ。

ただ、オーナーがヘビースモーカーである。

 

荷物を宿に捨てて、富士山へ。

富士山バッチェ冷えてますよ!

宿でカッパを装備してきたので、ボディは寒くないが、手がサムゥイ。

ウィンターグローブで来るべきだった。

 

おまけに、雲?に突っ込むので視界もきかない。

視界2~10m。

 

バイクに乗ってても分かるレベルで空気がうまい。

 

五合目パーキング着。

遠目からでも分かったのだが、案の定雲で何も見えない。

サイレントヒル

 

自販機の500mlボトルは一本300円。

 

下って、宿の目の前のお好み焼き屋うたちゃんへ。

通常の3枚分はあるだろう巨大な鉄板で目の前で焼いてくれる。

 

良い雰囲気。

 

富士宮焼そば、おにぎり、ゆでピーナッツ(サービス)を食す。

うまい。

 

お冷は富士山の雪解け水らしい。

 

ゲストハウス宿泊者は50円引き。

 

使用金額

飯               ¥1650

ガソリン    ¥1236

袖の下        ¥237

 合計          ¥3123

 

走行距離    200km

 

8日目 5/15 移動

今日はほぼ移動。

時間と距離的にヤバいことになるので、ビーナスラインはパス。

浜松まで南下する。

 

軽井沢やっぱりサムゥイ。

霧が出てる上に微妙に雨降ってる。

 

R141。

高原風景ももう飽きてきたなあ。

 

道の駅南きよさとでQK。

のどかで良い。

ジブリ作品のBGMが流れている。

リフトで裏の山に登れる様だ。

 

空腹で意識が遠のき始めたので、道の駅みのぶで飯る。

シャレオツグリーンカレー¥650。

カレーの辛味と野菜の甘みがマッチして、とってもOCです。

量が2倍は欲しかった。

 

全体的にシャレオツな道の駅。

BBQ場、バラ園、切り絵博物館など併設されており、デカい。

 

r10で身延駅前を通過。

川越みたいですね(行ったことない)。

 

ゆるキャンの世界に入ったみたいでいいな。

みのぶまんじゅう食べればよかった…。

 

R469に合流するところで。

日本一周チャリダーアニキを発見。

進行方向逆だった為ペコリングのみ。

返してもらえた。

 

R52でホンダ乗りネキのケツを追いかける。

なんちゃってマスツー。

追いかける側になったのは初めて。

ネキは初心者の様だ。

 

トリップが300をまわったあたりから燃料ランプが点灯。

ねばって、ねばって349で給油。

このスリルがああ^〜たまらないぜ。

 

ライダーハウスKEN着。

荷物を置き静岡名物SAWAYAKAへ。

 

SR君かっる〜い。

はっや〜い。

シート高たか〜い。

オフ車みた〜い(乗ったことない)。

もう荷物捨てて、これで旅したい。

 

待ち時間ゼロでSAWAYAKA  IN。

げんこつハンバーグ+ライス大。

噛むたびにあふれる肉汁とオニオンソースがマッチして、とってもOCです。

 

その後、宿の風呂と¥100しか変わらんので、スパ銭健康ゆ空間磐田ななつぼしへ。

全体的にお湯がぬるかった。

当方はもっとアツゥイのが好みです。

 

使用金額

飯              ¥1978

ガソリン   ¥1364

宿              ¥1000

スパ銭       ¥600

合計           ¥4942

 

走行距離  350km

 

 

 

 

7日目 5/14 バカと煙

連泊した天国とも今日でお別れ。

荷物を積んで飯って出発。

 

オーナーおすすめのR19で北上(きたかみ)。

快走路。

 

志賀草津高原道路へ。

5月の半ばだってのに、スキーしてる人いるよ。

どうなってんだよ。

 

日曜だからかライダーとよくすれ違う。

ヤエー!

 

やはり、標高が高くなるとエンジンが回らない。

 

登るにつれて、景色が別世界のものへと変化してゆく。

本当に日本かここは…。

 

雪解け水が川を作っていたりして、とても楽しい。

 

Get Wildを歌いながらカーブを攻めるとテンションが上がる。

 

渋峠ホテルにて、飯と日本国道最高地点証明書をゲッツ。

インディー君を撮影。

 

下りは濃い霧に遭遇。

視界5~10m程。

これはこれで面白くて良い。

 

雪の回廊は少々残っていた。

 

毛無峠に向かう為にr466へ右折。

こちらも別世界の様だ。

目に入る景色全てが絶景。

 

r112は除雪がなされておらず通行禁止。

諦めて、引き返す。

 

道中、ダウンを装備したが軽井沢あたりからバッチェ冷えてる。

ファッ⁉︎10度?うせやろ?

渋峠より寒いやんけ!

どうなってんだここは…。

 

18:00チェックインの宿に15:30に到着。

早スギィ‼︎

これならもう少し先に宿を取ればよかった…。

 

時間潰しに中軽井沢駅へ。

図書館でルート決めでもしようかと思ったが駐輪場がないのでパス。

 

雨がパラつきだし、気がめいってくる。

 

少し戻り、ハルニレテラスへ。

オシャレオーラにあてられ、気がめいるが負けじとブログ更新。

カッパ姿でフードを被り、鼻の下まで襟で隠していた私は不審者そのものだっただろう。

 

ライダーハウス軽井沢道楽荘IN。

バリバリの人ん家。

風呂無し。

Wi-Fi有り。

駐車場屋根付き。

 

オシャレタウン軽井沢は当方には合わない気がする。

 

使用金額 

ガソリン   ¥901

飯              ¥900

証明書       ¥100

宿              ¥3670(晩飯込み)

合計           ¥5571

 

走行距離  270km

 

 

 

 

 

 

 

 

5/13 6日目 避難生活

8:30起床。

本日は宿に引きこもり、今後のルートを決めまくる予定だった。

が、オーナーに「せっかく来たんだから観光してけよ!」との言葉を頂き、観光日に。

 

朝飯におにぎり、味噌汁、たくあん、コーヒーを頂く。

ホント、神か…。

この人は…。

 

11:30松本市内へ電車でGO(神)。

電車乗るの久しぶり(地方民並感)。

乗るたび毎回言ってる気がする。

 

時計博物館着。

針の音が気持ち良い静かな所。

色々な仕掛けの時計があって、観ていて飽きない。

入場料¥300とお安く、人がそんなに居ないのも良し。

 

蓄音機の音を聴けたりなんかもしました。

ふっるい白黒の映像のあの音がした。

 

縄手通りを通過し、松本城へ。

階段の傾斜が凄かったです。

 

帰り際、書道パフォーマンスを見学。

若いなあ。

 

雨が上がっていたので、宿からバイクでコインランドリーへ。

 

コインランドリーってクッソ高いんですね。

1番安い洗濯機でも、400円+乾燥別。

あ ほ く さ。

 

今度からは、手洗いでバイクにくくりつけて乾かそう。

 

晩飯をオーナーから頂く。

もう何か裏があるんじゃないかって気がしてきた(失礼)。

 

その後、大阪からスズキ乗りのアニキがやって来た。

学生時代の知り合いのE袋君に似ている気がする。

 

使用金額

飯             ¥924

電車         ¥380

洗濯         ¥800

宿             ¥3400(二泊)

観光          ¥930

合計          ¥6434

 

走行距離  10km