読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或るツーリング記

気が向いたら投稿します。

4日目 5/11 千里浜とキャンプ

8:30起床。

本日はだらけ日なのでなんら問題は無い。

チェックアウトの11時迄宿に居座ってやるぜ!

 

だらけてる間に雨が止む。

 

積載。

宿の前の道路がカマボコ状に端が落ちているのでSR君が傾きまくってデンジャラス。

 

積載中、宿泊中のブロンドのおねーちゃんから手作りのSUSHIを頂く。

タダメシ。

イエーイ!ジャスティス!

 

出発。

 

のと里山海道

まっすぐで海がきれいで良い。

風がぶっ飛ばされそうなくらい強いけどなぁ!

 

で、千里浜なぎさドライブウェーイ↑www

雨で砂が固まって、走りやすい。

タイヤがズルズルすべる感じはあるけど。

過積載でも問題は無い。

 

バイクに乗っているのに波打ち際を走っている

とても不思議な感覚。

数百メートル程度のものかと思っていたんですが、すっごい長いのね。

ていうか、千里浜って言ってる時点で気付くべきだね。

 

良さげな石を発見したのでサイドスタンドの下敷きにして写真撮影。

なかったら案の定ズブズブ沈みますね。

 

R415で富山県へ。

 

漫画ロードなるものに出くわす。

プロゴルファー猿がいた。

「ワイはファーや。プロファーファーファーや。」

 

富山に入ると運転が穏やかになった気がする。

いいですね。

ゆったりしてて。

(石川がおかしかっただけか…)

 

R415は細かい分岐もしっかり案内があって、とてもトレースしやすかった。

全部こうだったらいいのに。

 

園家山キャンプ場着。

無料。

湧き水くみ放題。

 

先客にスズキ乗りベテランキャンパーおじさんが一人。

車種名は知らん。

 

当方初キャンプである。

キャンプ童貞捨てた。

ライダーレベルが1上がった。

 

晩飯どき、ベテランおじさんからベーコンともやしの炒め物を頂く。

ありがたい。

 

外にいると若干ゃ寒い。

 

使用金額

iTunes カード  ¥1500

飯                     ¥1040

合計                 ¥2540

 

走行距離  150km

 

BGM  あ・え・い・う・え・お・あお‼︎

                                              /劇団ひととせ

 

 

 

 

 

 

3日目 5/10 山と琵琶湖とR8

6:30 ようこそ!ワルキューレワールドへの1:49で起床。

転調のドラムと起きるタイミングを合わせるとすんなり起きれた。


NCニキ、チャリダーおじさん、オーナーに総出で見送られながら出発。

おもはゆい。

NCニキは仕事辞めて、日本一周してるんだそうです。


京都市内北の方はそんなに混んでないんですね。


R367を北上。

だんだん山に入り、何だか怪しい感じになってくる。


ウェットな路面、山中、急カーブ。

全てがR168、R169を想起させ嫌な思い出がよみがえってくる。

もう、50kmでコケるのは二度とごめんなので路面をガン見しながら慎重に進む。


昨日、こんなとこでキャンプしようと思ってたのか…。

辞めといて正解だった。


R161を通り過ぎてしまったので、r54へ。

防風林が邪魔で琵琶湖が見えそうで見えない。

チラッとだけ見える。

想像より小さかった。

大村湾を見慣れているせいだろうか。


しかし、まっすぐな道と湖畔ののどか雰囲気がキモティカ?キモティダロ?


北海道はずっとこんな感じなんだろうか。

だとしたら、楽しみ。


R476に入るはずが、またしても通り過ぎる。


このままR8でも行けるので、そのまま北上。


福井県に入ったあたりから晴れ間がのぞく。

福井が当方を歓迎している?  


昼から雷雨をともなった激しい雨って、ニュースで言ってたんだけど。

カッパを着てると降らない法則。


R8沿いの敦賀湾がきれいで気持ちがいい。

日本海をみるのは初めてかもしれない。

日本海童貞捨てた。


山も海も今迄見て来た何処のものとも違う。

北上してきたからかな。


内陸に入っても、R8は快走路。

信号少なく、流れよし。

道もきれい。


知らない土地では、こういう直線の道が精神的に楽で走りやすくて気持ちがいい。


道中、モスを発見したので飯る。

クリームチーズテリヤキバーガーオニポテセット。

美味い。

いい景色を観ながら走れて、美味いもの食べれて…。

もう、幸せ過ぎてここで死んでも良い…。

あー、逝きソ。


R8をうだうだ北上(きたかみ)。

石川県あたりから車の流れ、早い…。早くない?

ほとんどのやつが一般道で60キロ以上出しとるで。

こっわ…。


宿のGood Neighbors Hostelに着。

宿の前にSR君停めさせてもらえたが、段差はあるわ傾斜はあるわで一苦労。


泊まってるのは、大体外人のこじゃれた宿。

Wi-Fi付き。


もう、外に出たくなかったので晩飯は自炊。


ルート決めで、ハゲそうな程悩んで本日は終了。


使用金額

ガソリン    ¥1187

飯                ¥1110

宿                ¥2500

合計            ¥4797


走行距離  約250km


BGM  ようこそ!ワルキューレワールドへ

                                                      /ワルキューレ


2日目 5/9 看板効果


本日は5時起床からの六甲アイランドからスタート。

何故か当方は疲れてるはずの時の方が早起き。


雨の予報だったので、下半身にカッパとリアバックにカバーをして出発。


地図はバッチリ確認したが、六甲アイランド内をしばらくさまよう。

毎回思うけど、フェリー乗り場周辺って案内が少ない気がする。


六甲大橋が気持ちよかったです(小並感)


R43は想像通り交通量も信号も多くさっぱり進まない。


右折して、R308を目指し高架下を走る。

発進時エンストをかます。

もう、右車線いたからやばかったです。


ダッシュで路肩に退避。

ついでにルートの確認をしているとトラックの助手席ニキから「頑張って下さい!」とお声がけを頂く。

ありがたい。


退避から数メートルした所で地獄の渋滞に遭遇。

押して歩いた方が早いレベルなので、押す。

しんどい。

すり抜けはNG。


暗峠手前でルート確認中二人組のライダーニキに道を教えてもらう。

噂通り傾斜がヤバイらしい。


で、暗峠

噂にたがわぬその傾斜。

停止したら再発進は恐らく不可能。

止まったら死ぬってレベルです。

スリルがたまらない。

ヤバすぎて、テンション上がって叫んでました。


峠地点には、とどめと言わんばかりにボコボコの石畳。

過積載にこいつはきくぜ。


写真を撮ろうとしていると車が来たので、退避。

しようとしたけど、積載の重みと石畳引っかかりビクともしない。

待っときゃいいのに無理矢理通り抜けようとする車。

案の定、ブツかるホイールとフロントフォークのボルト。

オッサンが出て来て、ブツけたと騒ぐ。

しっかり路肩に寄せてなかったワイも悪いけど、無理矢理通ろうとしたアンタも悪いんやで…。

さらに自ら来ておいて、ブツけたってなんだあ…(あきれ)

めんどくさいので適当に謝っておく。


峠の茶屋で飯る。

良い雰囲気。


奈良側はそれほど傾斜もきつくなく、特に面白いこともない。


R308をトレスオンして、R24に出る予定だったが迷いR168に出る。

もうめんどくさくなったので、R168→R25→R24に変更。


GreenTea着。

SRの神、伊庭氏と対面。

オイル交換だけの予定だったが、色々と寿命がきていたらしく、純正 to 純正の交換祭りを開催。

ステッカーまで頂いた。

表のSR600はとてもイカしていた。

生で観ると違うなあ。


SR君激変。

加速は素早く、走りも車体も軽い。

不快な振動とエンジンも消え去り実に快適。

ブレーキのききも凄い。

荷物を積んで無い時より軽いってどういうこと…。


雨と時間的な問題で宿は市内のライダーハウスボーダーへ。

NCニキとチャリダーおじさんと一緒。

屋根裏にフレンズもいるよ!

チャリダーおじさんは883乗りらしい。


京都は案内が多くて、ルートがとてもわかりやすいすい。


使用金額

ガソリン           ¥988

SR君お色直し  ¥11000

食費                   ¥1540

銭湯                   ¥430

宿                       ¥1400

合計                   ¥15358


走行距離   約150km


BGM  Hear The Universe/ワルキューレ




5/8日 1日目 遅れて来た男

次回は装備紹介だといったな。

あれは嘘だ。

うわあああああああ!!!!!


その内書けばいいやと思ってたら、ゴールデンウィークに突入して書く暇なくなりました。

すいません(´・ω・`)

許して下さい!なんでもしまかぜ!


てなわけで、一日目。

10時頃母に見送られながら、出発。

ノリノリで写真をとってくれました。f:id:arumiman:20170508194045j:plain


で、最寄りのガソスタで給油。

ロンツーに逝く時は必ずよります。

心の中で始まりのガソリンスタンドと呼んでいる。


444号をひた走ります。

何度も通っている道ですが、積載のせいでふらつくのでヒヤヒヤもんです。

低速走行とカーブの時にふらつきます。

こんなんでUターン無理だと思いましたが、100kmも走れば慣れました。


他には、車体の振動がすごっ、凄い。

いつもはエンジンの振動をサスやら何やらが吸収しているんでしょうが、荷物の重みでそれがおさえられているので、モロに振動が伝わってきます。


サスが縮んでいるのでシート高も低い…。低くない?

普段より10mmは下がってる。


まあ、慣れましたけどね。


で、ライコランド久留米上津店へ。

当方、夏用グローブを持っていないので、ここで確保します。

ゴールドウィンの16608を購入。

プロテクション性能低いがするけど、メッシュだからね。しょうがないね。


飛ばしまくる北九民にびびりながら走る。

プリウスが3台連続で来た時は戦慄した。


道中の道の駅いとだで休憩。

なんだあ、かかしがいるぞ。


24時間解放の休憩所とフリーWi-Fiが飛んでいてなかなか快適そう。

トイレも綺麗。


飯食おうと思ったら、フードコート閉まっとるやんけ!

が、隣で弁当コーナーを発見。

半額弁当確保。

うん、少ない。二個買えばよかった。

しかし、外飯効果で美味い。

ジャズなんかも流れていてキモティ。


出発する頃、松本人志と小峠。何か知らん奴の三人組登場。

一般通過爺が握手してもらってました。

当方は横目に見ながらスルー。


フェリー乗り場着。

ま、30分やし余裕やろ(慢心)


ファッ!?乗れへんの?

どないするんや?

え、神戸行きなら乗れるかもしれへんのか?

姉ちゃん、はよそれを言えや!


急いで隣のターミナルへ向かい無事乗船。


いやー、乗れなかったらどうしようかと思った。

時間には余裕を持って行動しよう。


1番安い二等客室をとったのですが、大阪行きと違って、コンセント、タオルかけ、個別のリターン式ロッカーが無いなどこちらの方が設備が劣る。

ま、いいんだけどね。


スタンプもバッチリ。


晩飯にセブン飯とフェリーシューを食って本日は終了。


使用金額

ガソリン  ¥230

グローブ  ¥9612

フェリー  ¥8880

食事          ¥885

合計          ¥19617


ルート


BGM 闇の彼方へ/水谷瑠奈


東日本制覇の旅 紹介編

 はじめましての方は、はじめまして。

以前からお付き合いのある方は、こんにちは。

或る未満と言います。

 

 私この度、東日本制覇の旅に出る事にしました。

 

 旅に出る動機は完全なる思いつきです。

去年の9月あたりから各地の四端を目指し、様々な所へ行き、九州四端、本州最南端潮岬、同最西端毘沙ノ鼻、本土最南端佐多岬、本土最西端神崎鼻と制覇しました。

しかし、残る本州・本土の東と北・北海道四端は、地元長崎からは遠すぎる為行けずにいました。

しかし、行きたい。行かないわけにはいかない。

「どうせならデカい休みをとり各地を巡りながら征こう。」と、言う理屈なわけだす。

 

・目標 

先述のとおり、本州・本土の北端・東端・北海道四端制覇。

ゆっくり旅をする。1日200kmぐらいが理想。

無事故無違反。当然だよなあ。

一日三食。食わないと死ぬ。

走るのは明るいうち。地元民にケツを狙われたり、山中を泣きながら走るのはもう勘弁。道を間違えるリスクも大。

 

・期間

 ゴールデンウイーク明けの5月8日から6月22日迄の46日間を予定しています。予算的にこのぐらいが限度だと思います。

後半、梅雨につっこむ形になりますが、何時でも雨は降り避けられないものなのであまり気にしていません。

 

・移動手段

バイク。愛馬SR400

 

・宿

主にキャンプの予定です。節約の意味もありますが、道の駅や公園などで野営し、ホモやポリスメンにファックされたり、夜中に追い出されても実際困る。ので、無料から500円程のキャンプ場に泊まります。

もちろん、安く宿泊するのは手段であって、目的ではないので、条件にあうところが無い場合や天候によっては臨機応変に対応していきます。

また、電力の都合から約1週間に一度は、ライダーハウスやゲストハウスを利用したいと思います。

 

・ルート

特に決めていません。大阪は泉大津港をスタートに、西へ東へ南へ北へ行きたい所をリレーしながら宗谷岬を目指します。帰りはおそらく、小樽から舞鶴までフェリーになると思います。余裕があれば、陸路で帰ります。

 

・ナビ

大正義ツーリングマップル。狂犬グーグルマップ。

一日のルートの検索と決定はマップルで。道中の確認や都市部などはグーグルで。

 

・道中の更新

気が向けば、毎日最低でも三日に一回。最悪逃亡。

 

・最後に

今迄は、道中の飯の時間や睡眠時間さえケチる弾丸ツーリングばかりしてきたので、この旅でゆっくりしたツーリングが出来たら良いと思います。

 

次回は、装備紹介編。ゆっくりまっててね~