読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

或るツーリング記

気が向いたら投稿します。

5日目 5/12 黒部と避難

4:00起床。

ウルトラ早起き。

風呂に入っていないことなどみじんも気にならない爽やかな朝。

 

撤収を開始するも昨日適当に放ったコッヘルやテントの収納袋が見つからず難航。

2時間程かけてようやく完了。

まあ、初めてだからね。しょうがないね。

 

ルート決めは朝にやるとすんなり終わった。

ま、目ぇつけとったキャンプ場あったからやろうな。

一応、もっかい確認しとくか。

ファッ⁉︎まだ開いとらんやんけ

うわ、次点のライハも改修工事中やんけ。

どないしよ。

 

途中、メットを転がしシェードにガッツリ傷が入る。

あーもうめちゃくちゃだよ。

 

そうこうしていると、8時頃に。

おじさん出発。

出際におにぎりを貰ったうえに、ゴミを一緒に捨ててくれると言う。

何もお返し出来ないのが申し訳ない。

 

宿泊場所を50km程手前のキャンプ場に決め出発。

 

R8で北上(きたかみ)。

海沿いの断崖を走る。

R8、キミ色んな顔を持ってるなぁ。

 

北上した影響と連続するスノーシェッドでバッチェ冷えて、たまらず装備換装&追加。

 

R148に入り、どんどん標高を稼いでいく。

暗くて、バッチェ冷えたトンネルとスノーシェッドの連続で眠み倍増。

「りっちゃん隊員!寝たらダメだ。寝たら死んでしまう!」

 

眠み区間を抜け、しばらく走るとアルプス山脈が眼前に広がる。

大きいなあ。

 

r45をうんたか走る。

標高が高いせいか5速に入れると全開にしてもスピードが出ない。

 

黒部ダム着。

無料駐車場にIN。

上の方にバイクが数台停まっていたが、傾斜が怖いので当方はこっち。

 

トロリーバス往復¥2570。

高ない?(´・ω・`)

しばし、行くか戻るか思案した結果。

おそらく、今後一生来ることはないだろうと思ったのでGO(神)。

 

「声出していけよー。」

「トローリー。」

 

ダム着。

大陸と半島からのツアー客が大量。

騒がしい。

 

階段を220段登った展望所からの景色はまあまあ。

 

スタンプラリーを制覇し、帰り際景品の組み立てプラ模型を貰う。

くろにゃんシールとかの方がうれしかったなあ。

 

ダムカードもゲッツ。

 

駐車場にて、明日の天気を確認。

雨じゃないか…。

 

行き先を変更し、松本のライダーハウスゆずへ。

連泊避難。

 

ガレージハウスがオーナー宅前にポン(べネット)と置いてあるライハ。

駐輪場は屋根付き。

ウェルカムドリンク一本無料。

 

米を炊くと言ったら、オーナーに「米ぐらいだしてやる。」とありがたいお言葉を頂く。

 

晩飯。

スーパーで入手した半額豚バラとオーナーから頂いた米、サラダ、煮卵でパーティー。

至高。

 

使用金額

ガソリン         ¥867

トローリー     ¥2570

肉                   ¥228

合計               ¥3665

 

走行距離   200km

 

BGM   Get Wild/TM NETWORK